話題

【意味がわかると怖い話】入院した同級生の千羽鶴

部活を辞めたS田

私が、高校生だった頃の話です。
私の学年にはS田という生徒がいました。

彼とは1年生の時にクラスが一緒で、同じ部活に入った時に仲良くなりました。
出身中学校や家も近かったことから休みの日も遊ぶようになりました。

しかし、夏休みに部活の顧問が変わり、練習がきつくなると、もともと楽しんでやれていればいいと考えていたS田は部を去っていきました。
2年に進級し、クラスが変わった頃から私たちはあまり会わなくなっていました。

登校中はたまに、顔を合わせることがありましたが、5月の終わりごろからでしょうか?
彼の顔を見かけることもなくなっていきました。

ある日の昼休みのことです。

1年生の頃から仲の良かったクラスメイトとご飯を食べている時に、私は何の気なしに「最近S田と会ってないな」とつぶやきました。

すると、一緒に昼食を食べていた一人が、「あいつ今入院してるよ、知らなかったの?」と言いました。

その唐突な言葉に私は驚き、その日にお見舞いに行くことを決めました。
すぐにどこに入院しているかを調べ、学校が終わってその足で私は病院に向かいました。

病室にかかっていた千羽鶴

病院についた私をS田は笑いながら迎えてくれました。

案外元気そうだなと思い、私は胸をなでおろしました。
その後、二人で他愛もないことを話しているとS田が、トイレに行ってくると言って病室を出ていきました。

一人になった後、病室を見回すとベッドの脇に千羽鶴が書けてあるのが目に入りました。
束ねてある元のところには「〇組(S田のクラス)一同」と書いてあり、それを見て元気そうだけど、実は案外病状が重いのかもと考えてしまいました。

何の気なしにその千羽鶴に触れると2羽ほど、外れて落ちてしまいました。
縁起悪いなと思って拾おうとした時、S田が戻ってきてしまい、私は咄嗟にそれをポケットに隠しました。
幸い、バレていないようで再び私たちは雑談し、30分ほど話した後に、私は病室を後にしました。

それが、私とS田の最後の会話となりました。
次の日、S田が亡くなったという話を全校朝礼で彼のクラス担任が発表しました。

私は自分が千羽鶴を壊してしまったからではないか?と考えてしまい、震えが止まらなくなりました。

数日後の彼の葬式に参列すると、病室にあった千羽鶴が祭壇に飾られていました。

気のせいでしょうけども、前よりも少し小さくなっているように感じました。

焼香が終わった私は家に帰り、ずっとポケットに入りっぱなしだった鶴を机の上に置きました。

自分のせいだという感情が抑えきれずに泣いたあと、落ち着くために2匹の鶴を広げてみました。

すると、そこには“死ね”という文字が書かれていたのです。

next>S田が亡くなった理由は千羽鶴が壊れたからではなく…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページ:

1

2
▼あなたにオススメの記事▼

関連記事

  1. 話題

    まさかの混入!?“カニカママヨネーズおにぎり”に入っていたものとは?

    最近、Twitterで“カニカママヨネーズおにぎり”に虫が混入していた…

  2. 話題

    【意味がわかると怖い】山小屋で出会った“ベジタリアン”のおじいさん

    友人と行ったドライブこれは私が友人のS山とK森の3人で登山しに…

  3. 話題

    【意味がわかると怖い話】“人の死”を予知して指を差す息子

    人を指差す息子うちの5歳になる息子は、1歳ごろから人を指差す癖があ…

  4. 話題

    【まさか】みんな大好き“オレオ”かと思ったら…その正体に驚き!

    今、Instagramに投稿された、とある不思議な動画が話題となってい…

  5. 話題

    進化した次世代のアート!“葉っぱ”から美しい切り絵の世界を作り出す

    1枚の紙を切り抜いて文字や絵を作る、切り絵。その発祥は古く、奈良時…

  6. 話題

    まるでツンデレのよう!?神絵師のアンチに対する切り返しが秀逸すぎる

    Twitterには多くのイラストレーターがそれぞれアカウントを持ってお…

NEW ENTRY

POPULAR

PAGE TOP