話題

【意味がわかると怖い話】刑務所からの脱獄を謀った囚人

脱獄を決意

私は、4年ほど前に無実の罪で刑務所に入れられてしまいました。
裁判では何度も無実を主張しましたが、最高裁でも判決は覆らず結果、私は殺人の冤罪をかぶることとなりました。

家族にも無実を信じてもらえず、逃げられてしまいました。

平穏に暮らしていただけなのに、なぜ?と思うこともありました。
刑期はあと10年以上もあり、この生活は耐えられないと思った私は、刑務所を脱獄する決意を決めました。

もちろん、行くあてががないのは自分が一番よくわかっています。

しかし、それでも自分の中で外に出たいという気持ちは抑えきれず、刑務所を出たら昔暮らした田舎の海を見て、身を投げようと考えていました。

脱獄方法は棺桶の中に忍び込んで…

刑務官の一人にY岡という男がいました。
彼をどうにか丸め込み、脱獄を手伝ってもらうことにしました。

私が考えた作戦は、刑務所内で死者が出たときに、彼に合図をもらい、棺桶の中に入って外に出るというものでした。
刑務所から出た後、Y岡がこっそり蓋を開け、私を逃がすように指示を出しました。

作戦を伝えてから半年後、彼から合図がありました。

その日の夜、私はあらかじめ用意しておいた逃走用の通路を使い、死体安置所に忍び込みんで死体を隠し、棺桶の中に忍び込みました。
そのまま、息を潜めて、運び出されるのを待ちました。

何時間か経った頃、安置室の扉が開き、私の入った棺桶が運び出されました。

棺桶は開けられることなく、私は何とか外に出ることができ、そのままY岡が蓋を開けてくれるのを待ちました。

しかし、一向に蓋が開く気配はありません。
いつまで待たせるんだよと、苛立ってきた時でした。

まぶしい光が棺桶の隙間から差し込んだのです。

私はその瞬間、脱獄の失敗を悟りました。

next>彼はなぜ脱獄が失敗したと気がついたのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページ:

1

2
▼あなたにオススメの記事▼

関連記事

  1. 話題

    騒音をドラムの音に!?工事現場から出る音で曲を作ってみたら…

    人々が寝静まる夜中に作業を行う、夜間工事。昼間は人や車の通りが多く…

  2. 話題

    お布施もカード時代?雑誌『月刊住職』がパワーワード過ぎる!

    コンビニや本屋に行くとたくさんの雑誌が所狭しと並んでいますね。マン…

  3. 話題

    どうやって履くの!?とあるハイヒールの履き方を想像した結果……

    女性の足元のおしゃれに欠かせないファッションアイテム、ハイヒール。…

  4. 話題

    【意味がわかると怖い話】飲んだ次の日死んだ友人

    N山と飲んだ翌日に…先日、大学時代からの知人であるN山と飲む機会が…

  5. 話題

    【意味がわかると怖い話】新興宗教のバーベキューで出た“謎の肉”

    新興宗教に入信した同僚の友人会社の同僚であるT村と飲んでいる時でし…

  6. 話題

    【意味がわかると怖い話】耳から取れなくなったパチンコ玉

    耳に詰まったパチンコ玉パチンコに来ていた私は、いつもは気にならない…

NEW ENTRY

POPULAR

PAGE TOP