話題

【意味がわかると怖い】サーカスの空中ブランコから落ちた女性

友人の代わりにサーカスを見に行くことに……

私の知人には、サーカスが好きなS川という人がいます。

彼は大きなサーカス団から名前もあまり聞いたことのないサーカス団まで、いろいろな公演を観に行っていました。

たまに、私も彼に付き合わされ、サーカスを見に行ったことがあります。

ある年の冬に私たちが住んでいる町に、小さなサーカス団がやってくることが決まりました。

それを聞いたS川は、喜び勇んでチケットを購入しました。

しかし、その数日後、彼は公演の日に出張に行けと会社から言い渡されてしまったのです。

しばらく落ち込んだ後に彼は私にチケットを渡し、「どんなサーカスだったか教えてほしい」と言いました。

空中ブランコで悲劇が……

公演当日、サーカステントの中には、まばらにお客さんが入っていました。

小さなサーカスなので、宣伝も大々的ではなく、この分だと「ショーもそんなになのでは?」と私は考えていました。

しかし、始まってみると、ピエロの動きのおかしさや、ゾウとライオンの曲芸の迫力に私は感動しっぱなしでした。

しかし、最後の演目であった空中ブランコで悲劇が起きてしまったのです。
ブランコを掴み損ねた女性が落下し、頭から地面に激突してしまったのです。

彼女はピクリとも動かず、会場は静まり返ってしまいました。

舞台袖からピエロが走って出てきて、彼女に布をかぶせるのを見て私は、嫌なものを見てしまったとそれまでの楽しさが一気に消し飛んでしまいました。

しかし、その直後、布の中から先ほどの女性が出てきたのです。

それを見た観客は一斉に安堵し、歓声を上げました。

すごいとは思いましたが、かなり悪趣味な演出に気分を悪くした私は、公演途中ながらテントを後にすることにしました。

出口いた係員の方に、私は嫌みも含めて「心臓に悪いほどリアルすぎる演出ですね。」と毒づきました。
すると、係員の男性は「双子ですから」とだけ言いました。

その言葉の意味に気が付き、震えが止まらなくなったのは、家についた後でした。

next>「双子ですから」の意味とは!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページ:

1

2
▼あなたにオススメの記事▼

関連記事

  1. 話題

    呪いの落書き?道路に“死”と書いてあると思ったらまさかの〇〇だった

    街でよく見かける“落書き”。不思議なアートのようなものから、他人を…

  2. 話題

    まさかの混入!?“カニカママヨネーズおにぎり”に入っていたものとは?

    最近、Twitterで“カニカママヨネーズおにぎり”に虫が混入していた…

  3. 話題

    【神対応】着信音に演奏を妨げられたヴィオラ奏者が超クール!

    曲の途中にも歓声を上げられるロックやポップスのライブと違い、クラシック…

  4. 話題

    輝いた青春が眩しい!懐かしき“ガラケーあるある”に思わずほっこり

    今やケータイはスマートフォンを使っている人が大多数でしょう。さまざ…

  5. 話題

    男嫌いの少女が痴漢から助けてくれた“キレイな人”に恋をした

    昨今では電車内での痴漢が問題となっており、さまざまな物議が醸されていま…

  6. 話題

    心温まる!Twitterで見かけた親切な人たちに世界が救われた…

    人は、誰しも支え合って生きています。そのため、誰かが困っていれば助…

NEW ENTRY

POPULAR

PAGE TOP