ライフ

【注意】入浴中の乳幼児の“溺水”はただ無音で沈むだけ…?

生まれたばかりの乳幼児の周りには、たくさんの危険が潜んでいます。

私たち大人がなんてことないと持っている場所でも、乳幼児にとってはとても負担になってしまったり、思わぬ事故につながってしまうことは多いのです。

乳幼児の事故の代表的なものは、ベッドやイスからの転落や誤飲などによる窒息、やけどなどを想像する人が多いでしょう。
しかし、他にも乳幼児に多い不慮の事故はあるのです。

今、そんな乳幼児の事故の中でも、2番目に多い原因がTwitterで話題となっています。

乳幼児の不慮の事故の原因で、2番目に多いのは“溺水”!?


乳幼児の事故の中で件数が多いのは“溺水”であると、 教えてドクター佐久@無料アプリ配信中♪ (@oshietedoctor)さんは語ります。
溺水と言えば川や池、海などを想像してしまう人が多いでしょう。
しかし、乳幼児であればお風呂でも溺れてしまうのに十分な深さなのです。

溺れた時に、騒ぐのは映画の世界だけ!?


溺れそうな子供や乳幼児が騒いで大人が気が付くというシーンを映画やドラマで見たことがある人は多いでしょう。
しかし、それは作り話の世界だけであり、実際に乳幼児が溺れた場合は、声を出さずに沈んでしまいます。
このことを“本能的溺水反応”と言います。

やはり、何かがあれば声を上げるからと考えるのではなく、目を離さないでいるほうがいいですね。

しかし、少しだけ目を離した隙にも事故は起きてしまうものです。
そこでここからは、もしも乳幼児が溺水してしまった時の対応を紹介したいと思います。

next>お父さんお母さん必見!乳幼児の蘇生法とは!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページ:

1

2
▼あなたにオススメの記事▼

関連記事

  1. ライフ

    【脳トレ】正方形の紙に7本折り目をいれて、“正八角形”を作れ!

    みなさんは、普段しっかりと頭を使っていますか?頭を柔らかく使うこと…

  2. ライフ

    7月26日は幽霊の日!恐怖体験談を見てゾッとしよう

    夏の風物詩、怪談。身の毛もよだつような怖い話で、昔の人は暑い夜に涼…

  3. ライフ

    知っている?俵万智の“七月六日はサラダ記念日”の短歌にまつわる逸話

    歌人の俵万智さん。日常的に使うカタカナを積極的に短歌にとりいれ…

  4. ライフ

    【意外な活用法】ヒッセンバケツで○○を盛ったらしっくりき過ぎた

    絵の具を使った後の筆をきれいに水洗いするヒッセンバケツ。小学生…

  5. ライフ

    これって不正アクセス?見知らぬ注文完了メールに気をつけろ!

    インターネットの発達により、私たちの生活はどんどん便利になりました。…

  6. ライフ

    お金がないとラリアット!?東京と大阪の改札のルールの違いが話題

    電車の改札を通る時に使う“ICカード”は、地域によってその名称も違いま…

NEW ENTRY

POPULAR

PAGE TOP