ライフ

【命を守るために】スワヒリ語の授業で挨拶より先に教わったのは…

一般的に英語は中学高校で勉強しますが、大学に入るとさらに他の言語も勉強します。
ドイツ語やフランス語など、興味のある国や将来行ってみたいと思う国の言葉を勉強する学生も多いですよね。

英語と違い、それらの言葉の授業は先生によって、何を教わるかや指導の仕方は大きく変わってきます。
今回は少しスワヒリ語の授業で一風変わった指導をうけた乱会(@ransedoukoukai)さんの体験談を紹介しましょう。

挨拶よりも先に習ったのは!?


語学の授業は“Hello”などの挨拶から習い始め、多くの教科書でも挨拶に使われる文章が最初に紹介されていることが多いです。
しかし、乱会さんの学んだスワヒリ語の先生は一味ちがいました。

挨拶よりも先に「お前は金か?それとも何が欲しい?」という、強盗にあった時にしか使わない文章でした。
なぜこんな文章を習うのか?と疑問に思いますが、これにはある理由があったのです。

挨拶よりも命が大切だからこそ


海外では、日本よりも治安が悪いところも多く、命を落とすことも珍しくありません。
そのため、命を守るための言葉を覚えておけば生存率も高くなるということだったのです。

つまり、この先生は基本の英会話よりも実際に海外に行った時のことを考えた実践的な会話を教えようとしていたのですね。

next>実用性のある言葉を覚えるのは役に立つ!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページ:

1

2
▼あなたにオススメの記事▼

関連記事

  1. ライフ

    目の前で見せても…!?生徒の努力を全否定する担任に批難殺到

    何かを上達するには、努力がつきものです。一流の人は必ず努力をしてい…

  2. ライフ

    【脳トレ】超難問!99.999%答えがわからない数字の問題

    みなさんは、普段しっかりと頭を使っていますか?頭を柔らかく使うこと…

  3. ライフ

    正しくはこうや!”関西弁”と“エセ関西弁”のイントネーションの違い

    方言の独特なイントネーションは、その土地に長い間住むことで、身に付ける…

  4. ライフ

    お金の余裕は心の余裕!?お金持ちはクレームを入れないという説

    接客業をしていると必ず遭遇するクレーマー。理不尽な要求を突き付けた…

  5. ライフ

    実体験から語る!本当に体調が悪かったら迷わず救急車を呼ぼう

    みなさんは、救急車を呼んだ経験はありますか?最近ではちょっとしたケ…

  6. ライフ

    男子が欲情するから?とある中学校でまさかの“ポニーテール”禁止令

    学校に通う生徒の規律を定める校則。身だしなみから生活する上での…

NEW ENTRY

POPULAR

PAGE TOP