ライフ

もがいても外れない?幼い頃の“刷り込み”が人間をダメにする恐ろしさ

何か新しいことを始めようと時に「それは自分にできることなのか?」と考えたことは誰しもがあるでしょう。
そんな考えを抑えつけて乗り越える人もいれば、ネガティブな思考がだんだん大きくなり、結局諦めてしまう人もたくさんいます。

そんな人々の心をサーカスの象に例えたムーチョ@VALU(@mucho)さんの投稿が今話題になっています。

足枷をはめられた象は…

子象の脚を鎖で繋いで逃げられないようにしておくと、大人になってその鎖を引きちぎる力を手に入れたとしても、象は逃げようとしません。
なぜなら、それは子供の頃に“自分を繋いでいる鎖はちぎれない”と刷り込まれているからです。

それと同じように、人も幼い頃に周りからネガティブな発言を投げられ続けると、例えそれを払拭できる力があっても“自分にはできないから”と思いこんでしまいます。

そんなネガティブな刷り込みをサーカスの像で例えたムーチョさんの投稿は6万件以上のリツイートを集め、多くの方に拡散されています。

next>この投稿にドキッとした人続出!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページ:

1

2
▼あなたにオススメの記事▼

関連記事

  1. ライフ

    【脳トレ】あなたはわかる?常識では見つけられない“間違い探し”

    みなさんは、普段しっかりと頭を使っていますか?頭を柔らかく使うこと…

  2. ライフ

    【脳トレ】正解率1%!Tに3本の直線を引いて三角形を5つ作れ!

    みなさんは、普段しっかりと頭を使っていますか?頭を柔らかく使うこと…

  3. ライフ

    炊事洗濯掃除だけじゃない!名前のない家事はこんなにもある

    家事の代表的なものといえば、炊事洗濯掃除ですよね。主婦の多くは…

  4. ライフ

    これが日常なんて…!“目が不自由な人が見ている世界”が話題

    みなさんは、目の不自由な方にこの世界がどのように見えているか知っていま…

  5. ライフ

    寝る間も惜しんではもう古い!?いい仕事をするにはしっかり寝よう!

    いい仕事をしようとした時やいいものを作ろうとする時には、時間がかかって…

  6. ライフ

    【“写メ”は死語だった?】今時の若者は“写真”を〇〇と呼ぶらしい……

    みなさんの中に、ケータイで撮影した写真のことを“写メ”と呼んでいる方は…

NEW ENTRY

POPULAR

PAGE TOP