おもしろ

取り返しがつかない!?最悪の“誤変換”エピソードにもはや笑うしかない

予測変換の誤作動や急いで文章を書いてしまったために、起こった変換ミス。
文章の意味を変えてしまい、相手を勘違いさせてしまいますよね。

ですが、中には笑いが止まらなくなるものもありますよね?
今回はそんな爆笑必至の誤変換エピソードを集めてみました。

携帯→形態


母、第二形態へ。

行かれた→イカれた

一体上司をなんだと思っていたのでしょうか…。

対人→タイ人


ムエタイのローキックを延々と食らわされたとか…?

…→展


罪悪感がすげえよ展、行ってみたいです。

破れた紙→敗れた神

何かを暗喩するようなアート作品になっていそうです。

next>確認は大事!この後も笑える誤変換が続々登場!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページ:

1

2
▼あなたにオススメの記事▼

関連記事

  1. おもしろ

    もうそれにしか見えない!ムーミンのぬいぐるみの目はまるで…

    北欧はフィンランド出身の作家、トーベ・ヤンソンさんが生み出したムーミン…

  2. おもしろ

    大人の発想なんて軽く超える!子供の面白発想に爆笑が止まらない

    見たもの感じたものを取り入れてぐんぐん成長していく子供たち。そんな…

  3. おもしろ

    鋭すぎる観察眼!世の中をぶった切るポメラニアンが痛快可愛い!

    世の中、言いたいけど言えないことってたくさんありますよね。そん…

  4. おもしろ

    悪になりきれていない!?反抗期の子供たちの行動がもはや癒しテロ

    大人になる前に避けては通れないのが反抗期。その度合いは人によってそ…

  5. おもしろ

    自業自得!?理不尽!?思わず笑えてしまう怒られた理由

    怒られるということは誰もが体験したことがあるでしょう。理不尽な理由…

  6. おもしろ

    ツボに入ると止まらない!仕事中に起こったおもしろエピソード

    笑える出来事はリラックスしている時に起こるとは限りません。集中して…

NEW ENTRY

POPULAR

PAGE TOP